ひな人形、五月人形、日本人形、正月飾りの事なら、大阪松屋町の大阪府人形問屋協同組合

電話でのお問い合わせ時間10:00~17:00
Tel 06-6971-2250

会員企業一覧

正月飾り- 取扱商品ご案内

正月飾り(羽子板・破魔弓)

赤ちゃんが始めて迎えるお正月を「初正月」といいます。わが国では古くからこの初正月を祝って、赤ちゃんの祖父母が、女の子には羽子板を、男の子には破魔弓を贈るという美しい習慣があります。

お正月の羽根突きは、江戸の昔から女の子の遊びです。そして羽子板は、女の赤ちゃんの無病息災のお守りの意味も持っています。羽子板でつく羽の玉、あの黒くて堅い玉は「むくろじ」という大木の種ですが、これは漢字で「無患子」と書き、「子供が患わない」という意味が込められています。

破魔弓は呼んで字のごとく、魔よけ、厄払いのお守りです。男の子の元気な成長を願いお正月の縁起の祝い物となっています。また神社の破魔弓や、棟上げの際屋根に立てる破魔弓も弓矢の持つ魔よけの力を信じることから生まれた習慣です。

羽子板は最近では絞り刺繍・金彩等いろいろな素材を使ったものがあります。そのために一つ一つデザインが大きく違い、ご自分の好みに合った羽子板を探すことは容易ではありません。
また、破魔弓も素材・形等の種類が多くなっています。それらを一同に見て歩くことができる町、それが松屋町です。